Blog

健康堂整骨院 下丸子院 ブログ

2022.05.10

ぎっくり腰の治療なら健康堂整骨院下丸子院へ

なぜギックリ腰になってしまうのか?
西洋では魔女の一撃と言われるほど激痛が伴うのがギックリ腰です。どんな行動をしても痛みが伴い、かなり辛いと思います。

ギックリ腰になり整形外科でレントゲンを撮っても、「特に異常はありませんので痛み止めを出しておきますね。安静にしてくださいね。」と言われたことのある方も多いのではないでしょうか?

レントゲンは、腰椎の状態を把握するのには有効ですが、ギックリ腰の場合、判断材料の一つにしかなりません。

湿布や薬を飲んでも、痛めた筋肉を修復させる効果はありません。また、コルセットや骨盤ベルトも、着用することで楽になる方もいるとは思いますが、起立に必要な腰回りの筋肉を支えてくれるだけなので、ギックリ腰の原因でもある歪んだ骨盤が元に戻る訳ではありません。

痛みの表層筋へのアプローチしかしてない、整体や電気治療機なども、改善しないものが多いです。
ギックリ腰の症状を起こしている本当の原因に気づかず、根本改善の為のアプローチができていないことも多いです。

では、あなたのギックリ腰を改善するためには何をすれば良いのでしょうか?

このような症状でお悩みの方へ
ギックリ腰を繰り返してしまうしこりが残っているようでなかなか改善しない咳や、くしゃみをしたら急激に痛くなったどんな姿勢をしても痛い前かがみになっただけで電気が走るような痛みが走る薬とコルセットで誤魔化している整形外科に行ったが痛み止めをもらうだけで良くならない
実はギックリ腰は3タイプ?!
支える筋肉を痛めてしまったタイプ
運動時や重量物を抱たりで、股関節から腰部にかけ負荷がかかり筋肉を痛めてしまう場合のギックリ腰。

骨盤内の仙腸関節部の炎症を起すタイプ
不良姿勢や動きの癖から骨盤が歪み、骨盤内の仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)で構成される仙腸関節の炎症が根本的な原因の場合のギックリ腰。靴紐を結ぶなど、軽い前屈時にピシッとくるのはこのタイプが多いです。

内臓機能の低下によるタイプ
内臓の機能低下が起こると肝臓、副腎、腎臓などの働きが低下し、機能低下により内臓が下垂し血液循環が悪くなります。それにより筋肉や関節の痛み、動きが悪化する場合のギックリ腰です。
慢性的に負荷のかかる食生活の方は腰回りの緊張も強いので、このリスクが常にあります。

当院の患者様でギックリ腰を再発させてしまう方は、タイプ別で考えると

1位
骨盤内の仙腸関節部の炎症を起すタイプ
2位
内臓機能の低下によるタイプ
3位
支える筋肉を痛めてしまったタイプ
結果、急な外傷より、潜在的な不調を抱えた方が多いということです。

当院での改善方法
当院では原因別にアプローチをしています。

支える筋肉を痛めてしまったタイプ
損傷した筋肉に負担がかからないように、姿勢に関係する筋肉や関節の緊張と歪みを整えます。
急激な筋収縮でも痛みのでない状態に改善していきます。
無理な負荷をかけず、筋肉の状態を確かめながら優しい刺激で緊張を取り、歪みも取っていきます。
筋肉の緊張や捻れが取れると、本来あるべき歪みのない身体になり、起立時や動作時も負荷がかかりにくいので痛みが軽減していきます。

骨盤内の仙腸関節部の炎症を起すタイプ
骨盤の歪みが原因で、重心の位置や動作時の癖などから前後左右のバランスが崩れ、歪みを作るような負荷がかかって状態となっています。
骨盤だけではなく影響を出している、筋肉と関節を整え、仙腸関節へのストレスをなくしていくことで炎症がおさまります。

内臓機能の低下によるタイプ
このタイプは何度もギックリ腰を再発する方に多いです。
内臓整体で機能を高め、内臓が入る器となる骨盤や骨格を調整することによって、内臓の機能がさらに高まりギックリ腰の痛みが軽減されていきます。
内臓由来の症状であればギックリ腰でなくても施術していくと改善していく方が多いです。

このようにタイプ別にギックリ腰はアプローチしていかないと改善されにくい症状のひとつです。

当院では本当の原因を見極め、タイプ別に根本改善のアプローチをしていきます。

筋損傷由来、骨盤由来や内臓由来、原因は1つかもしれませんし、両方の場合もあります。ですが、原因を見極め施術することにより再発の悩身も含めギックリ腰の症状は、実は改善されにくい症状ではないのです。

もし、あなたの日常がギックリ腰で辛い生活になっているのであれば、力になれると思いますのでご相談下さい!
原因を究明し、あなたに適した最善の施術をさせて頂きます。

ネット予約
電話予約