Blog

健康堂整骨院 下丸子院 ブログ

2022.02.25

春のぎっくり腰

こんにちは!
健康堂整骨院下丸子院です。

少しずつですが春の温かさ出てきましたね!(^^)!
春は入学、卒業、進学、就職といった自分にとってスタートの季節ですね。

この季節に一番気を付けることはぎっくり腰です。
荷物の整理だったり、引っ越し作業、座っている状態から立ち上がった時に腰に過度の負荷がかかることが多いです。

では、なぜぎっくり腰が起きてしまうのか説明していきたいと思います。

ぎっくり腰は急に起こった強い腰の痛みを指す一般的に用いられている名称です。何か物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたときなどに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。
痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉やすじ(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷などが多いと考えられます。
しかし、下肢に痛みやしびれがあったり、力が入らないなどの症状があったりするときには椎間板ヘルニアや中年以上では腰部脊柱管狭窄症などの病気(疾患)の可能性もあります。
さらに、がんが転移して弱くなった背骨の骨折(病的骨折)や、ばい菌による背骨や軟骨(椎間板)の化膿など重大な原因が潜んでいます。お腹の不調でぎっくり腰になることもあります。通常ではない強い腰痛のときは整形外科を受診して正しい診断を受け、万が一にも重大な原因に対して手遅れにならないように注意する必要があります。

ぎっくり腰にならないためには、筋肉の柔軟性をするためのストレッチ運動、腰を支えるための筋力を上げるトレーニングが必要になってきます。
腰を痛めてから間もない方で腰に負担をかけずにプールで水中ウォーキングをオススメします。
忙しくてトレーニングが難しい方は、当院では複合高周波EMSインナーというものを用いて、鍛えにくい身体の奥の筋肉「インナーマッスル(深層筋)」をはじめ全身の筋肉をしっかりトレーニングすることができます。
柔軟性の高い良質な筋肉を作り、ダイエットはもちろん身体の衰えや痛みもケアします。

ぎっくり腰に関わらず、腰にお悩みの方は当院まで気軽にご相談ください。

ネット予約
電話予約