Blog

健康堂整骨院 下丸子院 ブログ

2023.05.23

手って奥が深いんです!!

 

人間は1日生活している上で、手を必ず使います。
出不精の人であんまり歩かなくても、スマホを触ったり、お箸を使ったりするため、
手の調子って大事です。
けど、毎日使うからこそストレスがかかりやすく、歳を重ねるごとに違和感を覚えたり、
若い人でもスポーツを頑張っていたり、スマホを触りすぎていたりすることで
手の不調につながるかもしれません。

先日、ドケルバン病やTFCC損傷についてとりあげましたが
他にも手に関する疾患を紹介したいと思います^ ^

インターセクション症候群(腱交叉症候群)というものがあります。
インターセクションとは交叉という意味で、前腕の手首付近で筋肉が交叉している部分が摩擦で痛くなってしまう疾患です。
ドケルバン病に比べて少ないですが、症状が似ているため鑑別が重要です。

摩擦を起こす筋肉は、長母指外転筋、短母指伸筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋の4つです。
手首から4〜6cmくらい肘側で交叉部があり、そこに痛みを感じやすいです。

痛みを感じる動作は

✅手首を反らす動きや
✅親指でキーボードを打つ時
✅細かい手作業をする時

などで痛み、また痛みの部分を触れて動かすとギシギシとこすれる感じがする場合もあります。
ドケルバン病と同じで手首を小指側に曲げると痛みを感じます。
ですが、ドケルバン病の方が手首に近いあたりで痛みを感じるため、痛く感じるポイントを見極めることが重要です。

 

当院では、丁寧なヒアリングのもと手首の痛みについて鑑別し、
その後一人一人に合わせたアプローチ提案をさせていただきます。
痛みが強い場合にはハイボルトでの炎症を抑える治療や鍼灸治療を行います。
炎症が落ち着いた後、ストレッチや手技で周りの筋肉を緩めながら回復を目指していきます。
手首に痛みがあると、他のところが庇って全体に広がってしまうので、
お気軽にご相談ください^ – ^

健康堂整骨院下丸子院

ネット予約
電話予約