Blog

健康堂整骨院 下丸子院 ブログ

2022.12.21

鍼灸治療

こんにちは。
健康堂整骨院下丸子院です。

まだ寒い季節が続いておりますが、体調の方はいかがでしょうか。寒いと無意識のうちに身体をこわばらせて筋肉の緊張が強くなりコリとなって色んな影響を与えます。マッサージの施術で改善は見込めますが、今回は鍼灸にフォーカスして歴史や効果についてお話ししていきたいと思います。

鍼灸とは?
世界中で都市化が進み、ストレス、アレルギー、慢性疲労など、先進国特有のトラブルや生活習慣病で病院に通院している患者さんが多くいらっしゃいます。薬物投与や外科治療で対処してきた西洋医学では治せない、病気ではないけれど「何となく不調」。そんな不定愁訴を訴える人々が、子どもから高齢者まで、幅広い層で増えています。
慢性疲労社会のなかで、古くからの医療が見直され始めていますが、なかでも東洋医学の中核を成す治療法「鍼灸(しんきゅう)」は世界中で注目されています。

西洋医学と東洋医学の違い
西洋医学が悪いところがあるとその部分を切ったり、取り除くことをしますが東洋医学では、身体をひとつの小宇宙としてとらえ、そのバランスが崩れたときに「病」が発症すると考える医学です。鍼灸はその東洋医学の治療法の一つで、身体の変化を手で触れながら観察して状態を把握し、鍼や灸を施すことで身体のバランスを整えて機能回復をはかる治療法です。

鍼灸が日本に普及するまで
鍼灸の起源は石器時代の中国に遡り、日本に伝わったのは奈良時代。中国の僧侶が仏典とともに鍼灸の医学書を携えてやってきたとされています。平安から室町時代にかけて、鍼灸や漢方といった中国医学が日本社会に定着し、江戸時代に入ると、鎖国の影響もあり、鍼灸は日本の伝統医学として独自の進化を遂げていきます。その後、医学界に大きな影響をもたらした『解体新書』が登場し、明治になると政府の西洋化政策によって、西洋医学が台頭しますが、鍼灸はその効果から、民間医療として強い支持を得てきました。

鍼灸の効果
現在、鍼灸治療を受ける患者さんの多くは、腰痛や肩こり、ひざの痛みを持った方なので、鍼灸は、こうした運動器の症状だけにしか効かないと考える方も多いですが、鍼灸の効果は痛みだけでなく、身体のさまざまな疾患に効果があります。
鍼灸の効果について近年の研究では、鍼灸で身体に刺激すると、脳からモルヒネのような鎮静剤の役割をもったホルモンが放出されることが研究で解明されて、そのホルモンが痛みの緩和につながることが分かりました。
また、鍼灸刺激は神経を刺激して血行を促進し、痛みや疲労の原因となる物質を老廃物として排出する作用も持っています。鍼灸刺激は自律神経に効果的に作用し、胃腸や心臓・血管などに作用しその働きを調節します。最近では、ヒトの持つ免疫力を活性させる働きについても様々な研究がなされ、まだ解明されていない鍼灸の効果も期待されています

ネット予約
電話予約