Blog

健康堂整骨院 下丸子院 ブログ

2022.11.09

産後の骨盤矯正

産後骨盤矯正とはどんなものか?
産後に骨盤矯正をするという話を聞いたことがある方も多いでしょう。
出産によって骨盤が開いてしまい、骨盤のゆがみが不調を引き起こしている可能性があります。
そのため、産後骨盤矯正にて骨盤を整えることが必要になるのです。

【なぜ産後に骨盤がゆがむのか?】

妊娠をすると、子宮内で赤ちゃんが成長していくことで骨盤が少しずつ開いていきます。
これは、赤ちゃんが出産できるように起こる自然現象です。
リラキシンというホルモンが分泌され、骨盤が緩みやすいように作用します。

そして、産後に開いてしまった骨盤は、インナーマッスルの力などによって徐々に元に戻ろうとします。
しかし、産後から始まる育児によって通常よりも骨盤に負荷がかかってしまい、骨盤にズレを生じたり、骨盤が妊娠前の状態には戻らないということが起こってしまいます。

【産後骨盤矯正とは?】

産後に骨盤がゆがんだ状態で生活を続けていると、筋肉バランスを崩すことで腰や肩への負荷が大きくなります。
そこに子どもを抱くなどの育児も加わることで、腰痛や肩こりなどを引き起こすのです。

また、骨盤のゆがみは血行を悪くするため、自律神経やホルモンの乱れも引き起こします。
骨盤のゆがみは内臓機能までも低下させ、産後に体型が戻りにくい原因にもなります。
こういった不調を改善する施術が「産後骨盤矯正」です。

産後にゆがんでしまった骨盤を整えて、徐々に閉じるように調整していく施術になります。
産後骨盤矯正は、産後1ヵ月以降~半年までに施術を受けることが理想です。
産後から半年過ぎてしまうと骨盤を戻すまでに時間がかかってしまうため、なるべく早期に産後骨盤矯正を受けることをおすすめします。

産後骨盤矯正を受けるメリットとは?
産後だけではなく、日常における姿勢や運動不足などによって、骨盤や体幹を引き締めるための骨盤底筋群がゆるんでいる方も多いものです。
これによって腰痛や頻尿、むくみ、痩せにくいなどの不調が起こると言われています。

産後骨盤矯正では、出産による骨盤のゆがみだけではなく、これまでのゆがみも矯正できるチャンスと言えるでしょう。

【産後骨盤矯正で改善される症状】

産後の骨盤は徐々に元に戻ろうとして動きますが、時間が経過してしまうとゆがんだ状態のままで固定されてしまいます。
そうすると、さまざまな不調が引き起こされてしまうものです。

産後骨盤矯正で改善が期待される症状は次のものが挙げられます。

●腰痛や肩こり
骨盤がゆがむことで、これまで上手く負荷が分散されていた筋肉や関節に負荷がかかるようになります。

しかも、慣れない子育てなどによって腰や肩は負荷が大きくかかり、腰痛や肩こりを引き起こすことになってしまうのです。
骨盤矯正をすることで、筋肉バランスを整えれば腰や肩への負荷が軽減されます。

●尿漏れや便秘
産後に自分の意思とは関係なく、日常の小さな動作で尿漏れしてしまうという悩みを抱える方は多いものです。
骨盤の底にある骨盤底筋がゆるむことで、これまで支えていた内臓が下がってしまい、内臓が膀胱や腸を圧迫します。
これによって、尿漏れや便秘を起こしやすくなるのです。

●産後の体型戻し
産後に骨盤が開いた状態のままだと、体重は減っても下半身のサイズが戻らないという方は多いでしょう。
また、体重が落ちにくいという悩みを抱えている方もいるはずです。

これは、骨盤がゆがむことで内臓が圧迫されたり、下垂状態になったりしていることが原因です。
そのため、骨盤矯正をすることで内臓を元の位置へ戻し、妊娠前の体型に戻しやすくするサポートをします。

ネット予約
電話予約