Blog

健康堂整骨院 下丸子院 ブログ

2022.09.14

膝のお辛さには健康堂整骨院下丸子院へ

「半月板損傷」「靭帯損傷」「ジャンパー膝」「オスグッド」「ランナーズニー」など
膝の痛みへの施術
に分けられます。

加齢による変形性膝関節症と言われて来院される方が最も多いのですが、そもそもの膝の使い方や、筋肉の状態、筋肉のバランスが悪いという方が多いです。

そのため、「加齢によるから」「変形しているから」膝の痛みが緩和しないと諦めている方も多いです。

しかしながら、適切な処置をしていく事で痛まない状態にしていくことは可能です。

日常的な姿勢や、加齢、膝の酷使。外から大きな力がかかって怪我をしてしまった場合や、長期間負荷がかかることで痛めてしまう場合など、膝痛の多くの原因は、膝にかかる負担によって「筋肉」「骨」「軟骨」「靭帯」「関節包」といった組織が痛んでいる状態にあります。

また、膝の痛みをカバーするために、体のバランスが崩れて腰痛や肩の痛みなどに繋がってくることも多いです。

膝痛を緩和していくためには、患者様1人1人によって症状も原因も異なりますので、症状を見極めて、痛みの原因にアプローチすることが大切です。

医師の判断が必要なものについても、正しく判断し適切な処置をすることで膝痛の施術効果は大きく変わります。

健康堂整骨院下丸子院では、患者様の膝痛原因にアプローチしていきます。

膝痛が改善しない・悪化する理由
一般的には、痛みどめやサプリメント、湿布、膝の水を抜くといった対処方法が多いと思います。

しかし、痛みの原因に対してアプローチしていかないと何度も繰り返すばかりか、徐々に悪化していきます。

例えば、変形性膝関節症の場合は、

筋力が弱まる 膝への負担 痛み発症 関節が変形

お尻や太ももの筋肉が固くなり(身体を支える重要な筋肉なので、負担が大きいのです)、膝を支える力が弱くなり、不安定になってしまいます。

その状態で過ごしていると膝の関節の軟骨への負担が増え、関節や筋肉に炎症が起こり、強い痛みや水がたまります。

更に状態を放っておくと、関節の軟骨がすり減る、安定感を出すために関節が変形して、症状が悪化する。

といった形になるため、膝は太ももやお尻の筋肉に支えられているので、筋肉が弱くなってしまうと、膝への負担が大きくなります。

そのため、膝への負担を減らしていけるように、『膝を支える筋肉の柔軟性と筋力の向上』を目的とした施術を行っていきます。

他の膝痛の場合も、痛みの原因がどこにあるか?を見極めた上での施術を行うことが重要です。

ネット予約
電話予約